【ホルモー六景】万城目 学

ホルモー六景

今、放映中のドラマ「鹿男あをによし」。 無茶苦茶気に入ってます。
毎週見てます。今日は木曜日、10時のドラマ開始が待ちきれません!

で、原作者の万城目氏の【ホルモー六景】を読みました。
最近お気に入りの森見登美彦氏もそうだけれど、京都が舞台。
魑魅魍魎(?)が跋扈するのも似ています。

この本は、前作【鴨川ホルモー】(今どこを探しても無い。図書館予約中)の設定をもとに、
6つの恋愛小説がオムニバス形式で語られています。
チョンマゲに始まりチョンマゲに終わる、ホルモーに関わる青年たちの恋物語。

ホルモーとは、小鬼の集団を駆使して行われる、大学対抗の戦争ごっこみたいなもの。
この奇妙な競技は、参加している者しか知ることは無く、
普通の人には小鬼の存在は見えないので、他の人には説明のしようもない。

戦う小鬼のいじらしい描写と、
他の人に知られてはいけないサークル(?)に属している学生たちの焦る様子が面白い。
みんな、それぞれに楽しそうです。 いいなー、学生って。

万城目学

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/02/post-1776.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. トラックバック: 読書感想文 と ブツブツバナシ

    「ホルモー六景」万城目学

    「ホルモー六景」万城目学
    ホルモーをめぐる、6つの話。
    鴨川(小)ホルモー/ローマ風の休日
    もっちゃん/同志社大学黄龍陣
    丸の内サミット/…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>