【クライマーズ・ハイ】横山秀夫

クライマーズ・ハイ

1985年の日航機墜落事故に際して、地元紙で紙面の全権デスクに任命された
新聞記者・悠木和雅。
作者の横山氏は、実際に地元紙・上毛新聞で記者として、
日航機墜落事故の取材にあたっていたとのこと。 なるほど、迫力のある内容になっている。

ただ、主人公の悠木が、理想に突っ走りすぎて、逆にリアリティーがなくなっている。
もっと、新聞社という組織のなかで、泥臭くがんばって欲しかったです。
むしろ、上役の次長クラスの3人の方が、人間らしく描かれていて、面白かった。

確かに渾身の作品。けれど、先日読んだ【半落ち】の方が、良かった。

横山秀夫

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/01/post-1782.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>