【黒と茶の幻想】恩田陸

黒と茶の幻想

大学の同級生だった4人の男女が、40歳を前に、Y島への3泊4日の旅に出る。
4人それぞれに、過去の出来事の中に「解き明かしたい謎」があり、
その謎解きを軸として話がすすむ。
「利枝子」「彰彦」「蒔生」「節子」 4人の登場人物の名前で章立てされていて、
それぞれの視点から、謎が語られる。

過去の出来事を他のヒトから聞いたとき、
「え〜!!そうだったの〜?」と意外な事実にびっくりすることがあるけれど、
これは、そんな話。
Y島(おそらく屋久島)の自然描写を読みながら、そんな「過去話」の面白さを堪能。
ちょっと長すぎるかな〜と思う頁数ですが、だらだら優雅な気分に浸れるのがオツです。

恩田陸

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2008/01/post-1781.php/trackback
コメント&トラックバック
  1. トラックバック: ぱんどらの本箱

    恩田陸【黒と茶の幻想】

    利枝子、彰彦、蒔生(まきお)、節子。大学時代の同級生4人が再会し、都会の喧騒を離れて緑あふれるY島へ旅に出た。
    彼らは思い出話に花�…

  2. lazyMiki  

    もしかして、たこさんとは結構好きな作家さんかぶるかも・・・。
    あれこれ読ませて頂いて、一瞬、アラシのようにトラバしたいという衝動がわきました(自制しましたが)。
    恩田陸さんはまだ3冊(だったかな)しか読んでないんですが、「黒と茶」も含め、どれも楽しめました^^

  3. トラックバック: ここから

    黒と茶の幻想(上)(下)/恩田陸

    作家さんの筆力・・・というのでしょうか。
    ぐいぐいと引っぱられるようなパワーを感じた本でした。
    黒と茶の幻想(上)(下)/恩田陸(講談社文庫)

  4. たこΩ  

    lazyMikiさん、コメント&トラバ、ありがとうございます!
    恩田陸さん、ラストが「?」となるところで、好き嫌いが分かれるようなのですが、私は最後「?」が残るところが、余韻と感じられて、好きな作家さんです。
    嵐のようなトラバ、お待ちしておりますよ!じゃんじゃんつけてくださいませ!
    lazyMikiさんのブログも、これからも楽しみに読ませていただきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>