【夜は短し歩けよ乙女】森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女
【夜は短し歩けよ乙女 (森見登美彦 )】

大学の後輩・黒髪の乙女に恋する
ひたすら彼女を追い続け、やっと出会うと「やあ、奇遇だね」などと空惚け、
春夏秋冬これを繰り返し、ついに喫茶店「進々堂」で待ち合わせするに至るまでの、
甘く切ないラブストーリー。

が、
李白翁の街をゆく満艦飾三階建電車・鴨川古本市の火鍋空飛ぶ炬燵などなど、
京都を舞台に次々と起こる妙チキリンな出来ごと、
愛すべき素っ頓狂な登場人物たちで、この物語は冒険ファンタジー小説の様相。

そして、なんといっても樋口さん!!!
下鴨幽水荘(「太陽の塔」にも登場しますね)、京都まで探しに行きたいデス!

ハマル人は必ずハマル。
森見ワールド全開の一冊。

森見登美彦

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2007/11/post-1864.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>