【華麗なる一族】山崎豊子


【華麗なる一族 (山崎豊子)】
華麗なる生活は、あまりに現実離れしていて、SF?てな印象でした。
今まで、「振込み」「引き出し」「各種支払」「預金」くらいでしか、縁のなかった銀行…
銀行って、そういうことをする機関だったんだー。 ということを教えてくれた小説。

山崎豊子

トラックバックURL:http://kalapanic.com/2007/04/post-1879.php/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>